ケノンって効果なしって思ってません?私はVIO脱毛してますがバッチリ効果あります!

ケノンでアンダーヘアは抜けない?

ケノンでIライン脱毛する時の痛みのレベル 黒いと痛い

2017年11月02日 09時16分

アンダーヘアって濃いとにおいや痒みの原因になり、
女性としての品がないような気がしてしまい、
コンプレックスになることも多いですよね。

その中でもIラインと言われるお股の部分は、
ハミ毛、蒸れ、生理の時の不快さ、こもった臭いなど、
とても口には出せないような悩みだとお察しします。

でも女性なら多かれ少なかれ感じるものですし、
あなただけではないんですよって言いたいのですが、
それも程度問題かなと思います。


というのも、やはりアンダーヘアの密度が濃いほど、
蒸れますし、臭いもこもり、悪臭度合いも高まります。


そこで「脱毛」ということになるんですが、
できれば誰にも見られたくないと強く思う女性もいて、
ケノンなどの家庭用脱毛器がすごい売れています。


そういう私もさすがにVIOはちょっと恥ずかしくて、
ケノンでアンダーヘアを脱毛しているクチです。


■ケノンでIライン脱毛できるの?

ケノンは家庭用脱毛器としてすごく優秀なのは、
今まで使ってみて納得するところですが、
問題はIラインに使っても大丈夫なの?ってことですよね。

ケノンの公式サイトではビキニラインはOKだけど、
Iラインに使用するのはヨシとしていません。

理由は簡単で女性の陰部周辺はかなり皮膚が薄くてデリケート。
だからこそデリケートゾーンと言われるんですよね。

そこに熱を加えて脱毛するわけなので、
万が一やけどでもしたら…というところが理由でしょう。

じゃあ無理じゃない?ってことになりますが、
そうですね。やっぱり普通はやらない方が賢明です。
やるなら自己責任です。

粘膜は無理だけどその手前までは可能です。
※リスクはあります。


■デリケートゾーンの黒ずみケアも大事

デリケートゾーンの脱毛で痛みがでるのは、
皮膚が薄いことに加えて他の部位より黒いからです。
アンダーヘアが太いというのも関係があります。

まず皮膚が薄いと当然ですが傷つきやすいですよね。
そして下着、生理用品、トイレットペーパーでこする等の、
日々の刺激によりメラニンが生成されて黒ずみます。

アンダーヘアは太くて色素も濃いので、
熱を吸収しやすくなることも痛みが大きい原因です。
こちらは仕方がありませんね。

できることは黒ずみを少しでも作らないことと、
今の黒ずみを少しでも薄くすることです。

黒ずみはほとんどが摩擦が原因で起こるものですので、
下着の締め付けやその他の刺激を避けて、
今より黒くならないように気を付けることです。

積極的なケアとしてデリケートゾーンの美白クリーム、
美白ローションなどを使うといいでしょう。